祖父が死んだんだが向き合えていない

おじいちゃんと孫

悲しい別れもあれば、出会いもある…と、簡単な言葉で表現したくはありませんが、親しい人の死による別れを経て人が強くなることは確かです。


1 マジレスさん 2013/07/28(日) 02:05:50.31 ID:M7PVd6B/

初スレっす
両親共働きで、幼いころの世話は
父方の祖父母が見てくれて幼少期の両親そのものでした。
祖父が末期がんで死んだ。
まだ向き合う勇気がなくていろいろ避けてる。
なんだか落ち着かないし、どうすればいいだろう


6 マジレスさん 2013/07/28(日) 07:30:37.88 ID:sAnb1p/w

>>1
亡くなってどれくらい経つの?


9 マジレスさん 2013/07/28(日) 13:41:45.92 ID:M7PVd6B/

>>6
ちょうど1週間くらい


2 マジレスさん 2013/07/28(日) 02:06:43.32 ID:M7PVd6B/

他の人が死ぬってことを
どう考えてるのか知りたかっただけだす
クソスレすまそ


3 マジレスさん 2013/07/28(日) 02:13:50.77 ID:M7PVd6B/

ぎりぎりまで痛くて苦しくても
ずっと頑張って生きようとしてた。
そんな人間に対して
ただ悲しくて泣くみたいなお別れじゃいけないって思った。
だから通夜から初七日まで
親戚どもに愛想振りまいて笑ってたんだが
祖父にはちゃんと笑えてないって思い知ったよ


7 マジレスさん 2013/07/28(日) 07:35:15.77 ID:sAnb1p/w

>>3
でも強いよね。
お祖父さんのお陰なんだろうな。
お祖父さんがいかに君に愛情注いだのか分かるよ。
お祖父さんの事、大好きだったんだね。


10 マジレスさん 2013/07/28(日) 13:45:23.35 ID:M7PVd6B/

だいたい1か月無いくらい終末医療だったんだ。
やせほそってもまだ全然意識あって会ったときは
力強く自分の手握ってくれたんだが、
その力がいかに人間が生きているかということを実感させたよ。


11 マジレスさん 2013/07/28(日) 13:49:19.40 ID:M7PVd6B/

ここ3日くらいかもしれないというときに
ようやく自分の従姉妹たちが遠いところからこれて
子ども孫一同揃うってときに、自分は行こうとしなかったんだ。
ここで自分が行ったら多分じいちゃん死ぬなって
何となくわかったんだよ。
でもやっぱり会いたくて行ったら
その日の夜やっぱり死んだんだよ。


8 マジレスさん 2013/07/28(日) 07:41:56.09 ID:MMvi2v0W

死んだ人間と向き合うって、なかなかすぐにはできないよね。
憎んでた父親亡くなって、死んだ実感と寂しさで泣いたのは2年後だったもの。
徐々にでいいんだよ。
嫌でもそのうち居なくなった事を実感せざるを得なくなる。


12 マジレスさん 2013/07/28(日) 20:27:51.08 ID:6kALvJ8C

私の親は共に戦争孤児で、私が生まれてすぐに揃って自殺しましたので私は両親や祖父母といった身近な人の死を経験したことがありません。
お爺様の死というのは実に悲しいことだと思いますが、生の終焉とは一方で安らぎでもあるのだと思います。生きていることの悲しみからの解放とでも言いましょうか、私は確実に待っている死を迎えることに清々しさを感じるのです。
死に対して正面から向き合うことはとても難しい事ですし、私もそんなことが出来る人間ではありませんが、死は必ず受け入れなければならないものです。無理に乗り越えようとするのではなく、静かに向き合ってはどうでしょうか。


5 マジレスさん 2013/07/28(日) 02:17:19.83 ID:rxi0VD7z

お爺さんは、寿命が来たから死んだ。
人間は、必ず死を迎える。
お爺さんが居たから君が存在している。
ありがたい事だ。

爺さんは、君が前向きにがんばる事を望んでいるだろう
めそめそなどしてられない。
死んだ事は現実なんだから
受け止めて爺さんが喜んでくれるようにがんばれ
家族の死を体験すると大人になって行くものだ。


注目の記事

Comment

コメントはまだありません。

Comment form

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>